09

節約するときにしたいこと

お金については、いつも悩まされています。

収入を増やすか、支出を減らすことが大事ですが、収入を増やすには、なかなか限界があります。

そこで、支出を減らすためにしていることが、いくつかあります。

まず、光熱費を下げるためにしていることです。

一つは、お風呂に入るときに、お湯の温度を1度でも低い温度に設定をするということです。

たった1度でも、毎日のお風呂、しかも家族全員がそれをすると、節約になります。

あとは、出かける前に、コンセントの主電源を切るということもしています。

あとは、ちょっとでも使わない部屋の電気は必ず消すとか、ちょっとしたことをコツコツしているんです。

地道ですが、その毎日の積み重ねが節約につながると思って、やり続けようと思います。

16

物価の上昇は異常ですね。

連日の様に寒さのニュースが流れていますが、この冬は異常に寒いです。

夏は夏で異常に暑かったので年間を平均すると均されるんだ・・・と半ば感心していますが、困ったことに物価の上昇がうなぎ上りです。

特に野菜の高騰が家庭の食卓を直撃しています、特に葉物類は半月の間に倍近くも上がっています。

我が家は毎朝パン食でなるべく多くの生野菜を食べるようにしています。

例えばレタスですが一玉100円程度だった物が、一気に3倍以上に値上がりしました。

産地がこの低温で収穫が極端に落ちているそうです。ブロッコリやホーレン草なども軒並み上がっているので家庭は火の車です。

でも全く食べないわけにはいかないので、現在葉物は少なく、値段の安定している玉ねぎやジャガイモを工夫しながら食べています。

また、北国では欠かすことが出来ない灯油ですが、需要期に入りリッターあたり20円以上の値上げになっています。

これから厳寒期を迎えるので如何に節約するか思案中です。

22

景気がいいってほんとかな?

私は副業としてたまにスーパーにアルバイトに行きます。

マネキンという試食を配る仕事をしているのですが、

そこで最近よく見るのは“メモを持って買い物をする人”です。

ずばり無駄なものを買わないっていう意思の表れですよね。

みんないかにお金を使わないように生活しようとしているかというのがよくわかります。

別の仕事でレジを打つときもあるのですがここ数年で客単価が確実に落ちています。

個人消費がいつまでも上がらないのを仕事で実感しています。

私自身も月々のやりくりがとても苦しいので無駄なものは極力買わず、

外食せず、日々節約、お金を使わないということを心がけています。

本当に申し訳ないけれど、だんなのお小遣いも度々カットしています。

大手企業や国家規模でみると好景気なのかもしれませんが中小企業、

個人には全然実感がありませんよね。

さらに消費税がこれから上がるかと思うとまた憂鬱な気持ちになります。

もっと収入が欲しいですね。

08

節約を楽しむ

残業がなくなり、収入が減ったー!!!

ヤバい!ヤバい!

ということで、節約をスタートさせてみたいと思います。

大体、月五万円を節約したいと思っておる。

いきなりは、無理かもしれないけれど、コツコツせねばとはじめたのが、とりあえず自炊です。

お昼を、基本的にお弁当にすることにしました。

過去に、自炊しようと思ったこともあり、お弁当箱が5つほどあったので、週末に全部セットして、冷蔵庫および冷凍庫に入れています。

つまり!5日間、弁当の内容はほぼ同じです。

こちらは、レパートリーを増やすことで改善していきたいと思っています。

また、飲み物も、買うことがなくなりました。

もともと、タンブラーを持っていたので、ティーパックや粉末のお茶を利用しています。

これで、飲み物代も8割ほど削減できています。

まだまだ、減らせるところはあると思うので

、知恵つけて、節約を楽しみ、貯金も貯めたいと思っています。

04

若気の至り。ローンで首が回らない

2年半前の私は、自分の収入が減ってしまうだなんて想像もしてなかった。

それで、軽い気持ちでローンを組んでまで着物を買ってしまった。

あの時反対してくれてた友達は呆れてる。

「高い勉強代だね」

うん、知ってるよ…。

しかも着物、着てないしね。

着る暇ないもんね。

あの時は、「自分で着物が着れる素敵な大人の女になるんだ!」とか息巻いてたのになぁ。

そんな暇ないよ。

仕事は忙しいのに給料減るってどういうこと!?

毎日節約のために自炊してるよ!

お弁当も作ってるよ!

美味しいし痩せたけどね!

でもたまには美味しいもの食べに行きたい…。

あの時の自分が目の前にいたら、全力で止めたい。

ぶん殴ってでも止めたい。

「目を覚ませ!着物は憧れるけど、そのせいでたくさんの我慢が3年も続くんだぞ!」

ローンはあと半年で完済する。

そしたら、まずは買い物に行く!

新しい服買って、財布も新しくしてやる!

あ”--!ローンなんか気軽に組むんじゃなかった!

02

節約のために安いスーパーを回る

お金のない主婦が、少しでもお金をためるためにはやはり節約しかありません。

どこのスーパーが何が安いかということをしっかり頭に入れておき、安いところへ買いにいくようにします。

我が家の近くには業務スーパーがあるので、そこをよく利用するのですが、商品によっては別のスーパーのほうが安い場合もあるので、そのあたりを細かく動きます。

また、それぞれのスーパーの安売りの日も覚えておき、たとえば第2日曜が5%引きであるなら、そのときに必ず買いに行くようにします。

あるとき、ドラッグストアに行くと、卵10個入りが毎週木曜に98円と書いた紙が張ってありました。

その日は木曜ではなかったので買わなかったのですが、いつか木曜あたりに卵が切れそうになったときには買いにこようと覚えておきました。

2週間後くらいにちょうどそうなったので、12時くらいに買いにいくと早くも売り切れ。

ふだんそんなにはやっているともいえないドラッグストアなのに、その日は朝から卵だけ売れてしまったのでしょう。

やはり私以外の主婦の皆さんも10円でも1円でも安いものを求めて動いておられるんだなあと痛感しました。

こんなにして、お金が節約できているかというと、実際はそうでもなくて、どこかで無駄遣いしているので、無駄な努力をしているだけかもしれません。”

17

お金がないことについて

私にはあまりお金がありません。

貯金したいと思うのですが、生活費やローンの返済でいっぱいいっぱいです。

生活はあまり贅沢せず、質素な暮らしです。

将来のために貯金をしたいです。

将来何が起こるかわからないので、念には念をと思っています。

もう少し稼ぎたいと思うのですが、体力的にキツイのとワーカホリックにはなりたくないという思いがあります。

人生のすべてを仕事に捧げる生活が自分にとって良いとも思えません。

それなりに楽しみながら暮らしていきたいです。

そして楽しみがあるからこそ仕事も頑張れるのではないかと思います。

今後はさらに節約に努めて少しずつ貯金できるようにしていきたいです。

そして人生を楽しみながら仕事も頑張りたいと思います。

47

自分の医療費の節約

一人暮らしの時に、自分にかかる医療費がもったいなくて病院に行くのを諦めた事が何度もありました。

それは親が養ってくれていた頃にはなかった事で、ああこれまでずっと私は親に守られていたんだなあと、お金をかけてもらっていたんだなと改めて感謝しました。

しかし、社会人ともなればもう親にお金の事で頼るのは嫌でした。

医療費って思いの外高いんで、自分のお給料からも出せなくはないけど出したくなかったんです。

だから、ちょっとしたものならひたすら我慢してました。

市販薬だって買いたくありませんでした。

でもそれは若いからできた我慢による医療費の節約でした。

もう30過ぎると、なかなか風邪も我慢してても良くなりません。

余計にこじらせて長引かせて、食事も買ってくるしかなくなったり、結局病院に行く事になったりして医療費がかさみます。

そうなるよりは、早めに対処できるように風邪薬やスポーツドリンクを常備して、調子が悪かったら早めに薬飲んで水分摂ってとにかく寝て治します。

風邪薬が高いとは言っても、トータルで見たら飲んでさっさと治したほうが安上がりなんです。

医療費の節約のためにも普段から元気でいられるように食事に気を付けるようにもしています。

下手な我慢による医療費の節約は卒業ですね。

17

固定費を減らそう!

毎月決まった支払いがあると、それだけで大変なことってありますよね。

通信費や光熱費、住居費に保険料などなど。

お金を節約するには、そういった固定費を減らすことが第一だとよく聞きます。

なので、私もそういった固定費を見直してみることにしました。

まずは通信費。

契約を見直してみたら、2千円くらいですが安くなりました。

次に光熱費。

節約タップをいたるところに取り入れてみました。

季節によって使用料が変わるので、今のところはなんともです。

そして、ずっと放置していたスポーツジム代…

思い切って先日コースをその都度に変えてきました。

だいたい4千円くらいの節約です。

他にもまだ節約できるところはありますが

とりあえずすぐに変更できたのは、こんなところです。

09

節約はお金を稼ぐにつながる

お金を稼ぐ!となると中々難しいが、節約をする!というとすぐにでも始めることが出来ます。

僕は節約する!と決意して、まず光熱費の節約から始めました。

まず、エアコンをなるべく付けない。冬はエアコンの代わりに電気毛布にくるまります。

電気毛布は驚くほど電気代が安くすみます。

そして、電球は全てLEDで、夜でもスタンドライトだけの光で生活しています。

スタンドライトの光でも十分明るく、また、少し幻想的?で気分が変わって楽しいです。

他にもシャワーを節水シャワーヘッド(水道代70%オフ!)に変えたり、皿は水に浸けておいて、溜まってから一度に洗ったり、お湯の温度は39度にしたり(1度上げるだけでガス代がかなり変わる)そうすると、前は毎月の光熱費が1万ぐらいだったのですが、今ではなんと2000~3000円ですんでいます。

約7000円も浮かすことが出来たので、この浮かしたお金こそが「お金を稼いだ結果」になるのではないしょうか。

ストレスを全く感じなく、お金を貯めることが出来ますね。どれほど生活の中でお金を無駄にしているのかが良く分かります。