005-81

節約について

給料日前になると金欠になって困ったとゆう事はないでしょうか?そうなる前に、ひごろから買い物に行った時には、「これは本当に今いるものなのか?家に同じものは無いだろうか?もっと安く買えないか?と一度考えてみるといいと思います。

本当にいる以外に欲しい物を買う時に、今あるもので事が足りないか?また、満足出来ないかと考えることで買う事を抑えることが出来ると思います。そうしていても、不意の事故などで思わぬ出費が出てしまいます。そうならない為に、日頃から対策を取っておく事も大事だと思います。

もしもの事故のためにも給料日前にはお金を貯めておく習慣を作った方がいいと思います。そうしているうちにいつのまにか大金が貯まっていたなんて日が来たらいいですね。また家を建てるなどの大きな目標を立てるとそのために節約を頑張れると思います。

05

節約料理に欠かせない食材

節約というとやはり食費が一番に頭に浮かびます。

食費を抑えるために我が家で重宝しているのが胸肉です。

もも肉に比べてグラムで30円近く違いますので、かたまりに換算すると100円以上は違いが出て来ます。

確かにモモ肉の方が油っぽくて美味しいです。

胸肉はパサパサ感が否めません。

しかし胸肉も火を通しすぎなければそこまでパサパサしていることはありません。

ですから料理の基本としては蓋を使うことです。

胸肉は火が通りやすいです。

そのためある程度火を通したら蓋をして余熱で温めるのがいいです。

最近は胸肉と豆腐を混ぜて塩少々と片栗粉も一緒に混ぜます。

それを丸めて焼くだけの簡単チキンナゲットが好評です。

ケチャップをつけて食べれば本当にチキンナゲットです。

okane36

現代はお金が際限なくかかります

現代は、お金を際限なく使わないと、まともな生活を送ることができないのです。

今やスマートフォンを持つことが常識となっていますから、スマフォを持たなくてはなりません。

また、仕事でもプライベートでも車は必要ですから、車も持たなくてはなりません。

車は便利な乗り物ではありますが、なんやかんやとお金がかかります。

ガソリン代、駐車場代、税金、保険、車検と、これでもかとお金が必要なのです。

車を保有するだけで、家計をかなり圧迫することになります。

ですからお金を節約しなければ、借金をする羽目になってしまいます。

ですが節約をしていても、突発的にお金が必要になることがあり、このお金がとても厄介です。

どうして現代はこんなにお金がかかるのか、こんな世の中にした人を恨みたくなってしまいます。

005-11

エアコンの効率がよくなるお手入れの方法

真夏日や熱帯夜など、昼夜を問わず“暑さ”が気になる8月は、ついエアコンに頼ってしまいがちです。

以前、私が仕事で関わっていたエアコンの修理の観点から、効率のよい使用方法をお伝えします。

私が仕事をしていた大阪のエアコンメーカーの会社では、最低月に1回エアコンのフィルターを清掃していました。

掃除を怠りフィルターが目詰まりすると、最大25%も電気代が損をしてしまいます。

面倒くさがらずに掃除をしてフィルター周りは常に清潔に保ちましょう。

エアコンを使っている部屋の冷気は下に、暖気は天井付近に溜まります。

吹き出し口の方向を調整するのもよいですが、扇風機などを使い空気を循環させると、より効率よく冷房ができます。

見落としがちですが、直射日光が当たらないように室外機に屋根を設置すると、最大25%ほど電気代の節約になります。

フィルターの掃除や室外機に屋根を設置するなど、電気代が最大50%も節約できる少しの手間を実行しないわけにはいきません。

要するに、無駄な作業や出費をせず、“どのようにすると効率よく節約できるか”ということです。

09

節約するときにしたいこと

お金については、いつも悩まされています。

収入を増やすか、支出を減らすことが大事ですが、収入を増やすには、なかなか限界があります。

そこで、支出を減らすためにしていることが、いくつかあります。

まず、光熱費を下げるためにしていることです。

一つは、お風呂に入るときに、お湯の温度を1度でも低い温度に設定をするということです。

たった1度でも、毎日のお風呂、しかも家族全員がそれをすると、節約になります。

あとは、出かける前に、コンセントの主電源を切るということもしています。

あとは、ちょっとでも使わない部屋の電気は必ず消すとか、ちょっとしたことをコツコツしているんです。

地道ですが、その毎日の積み重ねが節約につながると思って、やり続けようと思います。

16

物価の上昇は異常ですね。

連日の様に寒さのニュースが流れていますが、この冬は異常に寒いです。

夏は夏で異常に暑かったので年間を平均すると均されるんだ・・・と半ば感心していますが、困ったことに物価の上昇がうなぎ上りです。

特に野菜の高騰が家庭の食卓を直撃しています、特に葉物類は半月の間に倍近くも上がっています。

我が家は毎朝パン食でなるべく多くの生野菜を食べるようにしています。

例えばレタスですが一玉100円程度だった物が、一気に3倍以上に値上がりしました。

産地がこの低温で収穫が極端に落ちているそうです。ブロッコリやホーレン草なども軒並み上がっているので家庭は火の車です。

でも全く食べないわけにはいかないので、現在葉物は少なく、値段の安定している玉ねぎやジャガイモを工夫しながら食べています。

また、北国では欠かすことが出来ない灯油ですが、需要期に入りリッターあたり20円以上の値上げになっています。

これから厳寒期を迎えるので如何に節約するか思案中です。

22

景気がいいってほんとかな?

私は副業としてたまにスーパーにアルバイトに行きます。

マネキンという試食を配る仕事をしているのですが、

そこで最近よく見るのは“メモを持って買い物をする人”です。

ずばり無駄なものを買わないっていう意思の表れですよね。

みんないかにお金を使わないように生活しようとしているかというのがよくわかります。

別の仕事でレジを打つときもあるのですがここ数年で客単価が確実に落ちています。

個人消費がいつまでも上がらないのを仕事で実感しています。

私自身も月々のやりくりがとても苦しいので無駄なものは極力買わず、

外食せず、日々節約、お金を使わないということを心がけています。

本当に申し訳ないけれど、だんなのお小遣いも度々カットしています。

大手企業や国家規模でみると好景気なのかもしれませんが中小企業、

個人には全然実感がありませんよね。

さらに消費税がこれから上がるかと思うとまた憂鬱な気持ちになります。

もっと収入が欲しいですね。

08

節約を楽しむ

残業がなくなり、収入が減ったー!!!

ヤバい!ヤバい!

ということで、節約をスタートさせてみたいと思います。

大体、月五万円を節約したいと思っておる。

いきなりは、無理かもしれないけれど、コツコツせねばとはじめたのが、とりあえず自炊です。

お昼を、基本的にお弁当にすることにしました。

過去に、自炊しようと思ったこともあり、お弁当箱が5つほどあったので、週末に全部セットして、冷蔵庫および冷凍庫に入れています。

つまり!5日間、弁当の内容はほぼ同じです。

こちらは、レパートリーを増やすことで改善していきたいと思っています。

また、飲み物も、買うことがなくなりました。

もともと、タンブラーを持っていたので、ティーパックや粉末のお茶を利用しています。

これで、飲み物代も8割ほど削減できています。

まだまだ、減らせるところはあると思うので

、知恵つけて、節約を楽しみ、貯金も貯めたいと思っています。

04

若気の至り。ローンで首が回らない

2年半前の私は、自分の収入が減ってしまうだなんて想像もしてなかった。

それで、軽い気持ちでローンを組んでまで着物を買ってしまった。

あの時反対してくれてた友達は呆れてる。

「高い勉強代だね」

うん、知ってるよ…。

しかも着物、着てないしね。

着る暇ないもんね。

あの時は、「自分で着物が着れる素敵な大人の女になるんだ!」とか息巻いてたのになぁ。

そんな暇ないよ。

仕事は忙しいのに給料減るってどういうこと!?

毎日節約のために自炊してるよ!

お弁当も作ってるよ!

美味しいし痩せたけどね!

でもたまには美味しいもの食べに行きたい…。

あの時の自分が目の前にいたら、全力で止めたい。

ぶん殴ってでも止めたい。

「目を覚ませ!着物は憧れるけど、そのせいでたくさんの我慢が3年も続くんだぞ!」

ローンはあと半年で完済する。

そしたら、まずは買い物に行く!

新しい服買って、財布も新しくしてやる!

あ”--!ローンなんか気軽に組むんじゃなかった!

02

節約のために安いスーパーを回る

お金のない主婦が、少しでもお金をためるためにはやはり節約しかありません。

どこのスーパーが何が安いかということをしっかり頭に入れておき、安いところへ買いにいくようにします。

我が家の近くには業務スーパーがあるので、そこをよく利用するのですが、商品によっては別のスーパーのほうが安い場合もあるので、そのあたりを細かく動きます。

また、それぞれのスーパーの安売りの日も覚えておき、たとえば第2日曜が5%引きであるなら、そのときに必ず買いに行くようにします。

あるとき、ドラッグストアに行くと、卵10個入りが毎週木曜に98円と書いた紙が張ってありました。

その日は木曜ではなかったので買わなかったのですが、いつか木曜あたりに卵が切れそうになったときには買いにこようと覚えておきました。

2週間後くらいにちょうどそうなったので、12時くらいに買いにいくと早くも売り切れ。

ふだんそんなにはやっているともいえないドラッグストアなのに、その日は朝から卵だけ売れてしまったのでしょう。

やはり私以外の主婦の皆さんも10円でも1円でも安いものを求めて動いておられるんだなあと痛感しました。

こんなにして、お金が節約できているかというと、実際はそうでもなくて、どこかで無駄遣いしているので、無駄な努力をしているだけかもしれません。”