16

病気は恐ろしい。

数年前まではいくらかの貯金があり、お金にはゆとりがある生活を送っていました。

しかし一昨年、家族が重篤な病気にかかり、その看病をする為、自分がそれまで勤めていた会社を退職することになりました。

結構な治療費がかかりましたが、収入もなく、元々あった貯蓄を崩していくしかない状況でした。

家族の体調が何とか落ち着いた頃には、治療費、生活費などで貯蓄は底を尽きてしまっていました。

すぐに新しい就職先(決して良い条件ではなかったのですが給料だけはある程度良かった)を見つけて働き始めたのですが、一度無くなった貯金が簡単に戻るはずもなく、それからは毎月ギリギリの生活を強いられています。

家族も病気になりたくてなったわけではないので、責めることもできません。

病気は恐ろしいです。

病そのものが恐ろしいのはもちろんですが、一度病気になると、とんでもなくお金がかかることがとても恐ろしいです。

病気は誰でも、しかも突然なる可能性があるので、常に頭に置いておかなければならない事を思い知りました。