33

投資信託を始めて思ったこと

3年ほど前から、投資信託を初めてみました。

何度か購入してみて、思ったのは・・一括して大きな金額を購入するよりも、

毎月5,000円や10,000円ずつ購入する、定時定額購入がリスクが少なく、

やりやすいという事です。

実は私も、最初は一括した金額でお勧めされた銘柄で購入しました。

というのも、銀行さんから「キャンペーン中で、投資信託と同額の定期預金を同時に購入すると、定期預金の金利が上乗せになりますよ!」というのです。そこで、日本の不動産に投資する銘柄のものを勧められて購入したのでした。しかし、その銘柄の基準価格はどんどん値を下げる一方で、結局損をしてしまいました。

一方、定時定額購入ですと、毎月の基準価格で購入したことになるので、リスクが減ります。

そして、もうひとつは、分配金受け取り方式ではなく、再投資方式にすることです!

私が最初に購入したものは、分配金受け取り方式でしたので、毎月通帳に一定額入り、良さそうに見えますが、結局、運用が悪い時は、元本を削って分配金を出している状況になります。ですので、解約する時に元本割れしていてガッカリする可能性もあります。再投資方式ですと、分配金が元本に繰り入れられて、複利方式でどんどんたまって運用していくので、そちらの方が最終的な金額は多くなります。

定時定額で、再投資方式!これが、私の見つけた、リスクが少なく初心者でもやりやすい投資信託のやり方です。

okane06

あまのじゃくは投資上手か

株式投資や投資信託などで資産運用、というか、あわよくば「一儲け」をたくらんでいるけど、結局いつだって(結果的には)高値で買ってしまい、安値で売ってしまい、「何をやってんだか」と自分で自分にあきれてしまう自分のような方、けっこういらっしゃるんじゃないでしょうか。

投資の相場は、単なる群集心理を映す鏡、要は心理ゲームに勝つ事とが、投資の勝者への近道・・・なんて聞きかじることはあるものの、ミーハーな自分には「群集心理の逆を行く」勇気はなかなかわいてくるものではありません。

あまのじゃく(何でも人の逆をやろうとする人)という特徴をもった人がいれば、ひょっとしたら投資の天才なのかも知れませんね。

そういえば大富豪って変わり者が多い気がします。

案外あたっているかもです。