09

節約するときにしたいこと

お金については、いつも悩まされています。

収入を増やすか、支出を減らすことが大事ですが、収入を増やすには、なかなか限界があります。

そこで、支出を減らすためにしていることが、いくつかあります。

まず、光熱費を下げるためにしていることです。

一つは、お風呂に入るときに、お湯の温度を1度でも低い温度に設定をするということです。

たった1度でも、毎日のお風呂、しかも家族全員がそれをすると、節約になります。

あとは、出かける前に、コンセントの主電源を切るということもしています。

あとは、ちょっとでも使わない部屋の電気は必ず消すとか、ちょっとしたことをコツコツしているんです。

地道ですが、その毎日の積み重ねが節約につながると思って、やり続けようと思います。

okane28

お金がない

いつも月末の支払いに困っております。

家賃に携帯の支払い、光熱費に雑費と書き並べていくのも嫌になります。

いつも、気が付いたら給料がなくなっているのです。

不思議ですね。前の月に家計簿をつけて、これからはきちんと金の管理をしていこう。生活に無駄がないようにしよう。などと決意をしても、最初の2、3日だけ。ひどいときには、決意したことすら忘れてしまい元の木阿弥、何の意味もありません。

どうしてこうなるのか、何で毎月、困っているのか。こんなことばかり毎度毎度、考えていては脳が疲れてしまいます。もうこうなったらなにも考えずに、困っていたほうがいっそのこと楽なのではないか。考えたところで、金が増えるわけでもない。

最近ではそんなことすら考えています。

09

節約はお金を稼ぐにつながる

お金を稼ぐ!となると中々難しいが、節約をする!というとすぐにでも始めることが出来ます。

僕は節約する!と決意して、まず光熱費の節約から始めました。

まず、エアコンをなるべく付けない。冬はエアコンの代わりに電気毛布にくるまります。

電気毛布は驚くほど電気代が安くすみます。

そして、電球は全てLEDで、夜でもスタンドライトだけの光で生活しています。

スタンドライトの光でも十分明るく、また、少し幻想的?で気分が変わって楽しいです。

他にもシャワーを節水シャワーヘッド(水道代70%オフ!)に変えたり、皿は水に浸けておいて、溜まってから一度に洗ったり、お湯の温度は39度にしたり(1度上げるだけでガス代がかなり変わる)そうすると、前は毎月の光熱費が1万ぐらいだったのですが、今ではなんと2000~3000円ですんでいます。

約7000円も浮かすことが出来たので、この浮かしたお金こそが「お金を稼いだ結果」になるのではないしょうか。

ストレスを全く感じなく、お金を貯めることが出来ますね。どれほど生活の中でお金を無駄にしているのかが良く分かります。