22

お金を稼ぐということ

会社員として、仕事をしています。

9時から18時までの8時間勤務を週5日、働いています。

仕事とは、どんな職場でもそうなのかもしれませんが、仕事の内容よりも人間関係がどうか、ということで、良し悪しが決まるものではないでしょうか。

今、私が勤めている職場は、残業もなく、仕事自体はそんなに大変なものではありません。

ただ、人間関係は大変です。

聞えよがしの悪口や嫌味、社長からの仕事以外の要求、そういったことが日常茶飯事行われています。毎日、毎日、「明日も会社か…」と思うと憂鬱になります。

仕事自体は楽でも、人間関係は大変。大変なことがあるからこそ、お給料もいただけるんですよね。楽していただけるお給料なんて、ありませんよね。

お金を稼ぐって大変なことです。

05

毎月赤字の理由

あり得ない話ですが、毎月赤字です。

月初に、今月こそは絶対に赤字解消!と固く決意します。

そして、毎月1日のお約束として、この5年間手帳の●月1日の欄に「今月こそ黒字!」と書き込み続けています。

ところが、この決意は無駄な気休めにしか過ぎません。

私は特別金使いが荒いわけではなく、浪費家でもなければ、高級志向でもありません。

それなのに、何でお金が足りなくなるんだろうと、自分でも不思議で仕方ありません。

節約にも努めているつもりです。

会社には週に4日手作りお弁当持参、外食はほとんどしません。

新しい洋服だって滅多に買わず、たまのショッピングだって少しでも安い店を探すして歩きます。

当然ですが、入るお金より出て行くお金が多いから赤字になります。

つまり、入るお金=給料が安いから赤字になるんですね。

ようやく気づきました。

会社辞めなきゃ赤字解消しません。

明日から、新しい仕事探します!

okane78

最近、不安に思う事

70才近くなり最近、少し不安に思っている事。

それは国民年金受給だけに成った時の事。

今は旦那も何とか仕事が出来てるけど。

病気になったり、介護が必要になったりした時、果たして払えるだろうか?

あと6~7年位で国民年金の収入だけになるだろう。

だから今は出来るだけ貯金をするようにしている。

でも思うように貯める事が出来てない。

例えば75才位から国民年金になるとして、死ぬまでにいくら位、必要だろうか?

テレビで(老後資金は此れくらい必要である)って番組をやってるけれど*無理ですから*

皆さん、どんな風にしてるの?

教えてください。

生活を楽しむ事も必要だし。

お金、お金、お金が欲しいよ。

もちろん人生は金だけじゃあ無い事は分かってるけどね。

だけど、やっぱりお金も必要だよね。

60

お金がない時に売ったもの3つ

仕事をしておらず、明日の食費さえままならない。

そんな時にお金に変えたものを3つご紹介。

1 書籍

読書が趣味だったので、某古書買取店で持っている本、漫画を全て売りました。

ハードカバーの単価が高く、意外と漫画は安かったです。

もちろん、折り目、汚れのあるものは値段がつきませんでした。

2 趣味で持っていたエアガン

中学生ごろから集めていたエアガンを専門の出張買取業者に引き取ってもらいました。

ガスガンは結構いい値段で買い取ってくれます。

部屋で持て余している人はオススメです。

3 ギターなどの周辺機器

これは楽器屋に持って行った方が高値で買い取ってくれます。

聞く話によると、4月など新学期シーズンは学生による需要が高まるため、

買取価格が高くなるそうです。

16

障がい者が稼げる地域

障がい者が稼げる地域は横浜です。

静岡県は障がい者雇用が多いです。

仕事の種類も豊富で何かしらつける仕事があります。

横浜は障がい者に対しての制度もしっかりしていて、

精神的にも暮らしやすいです。

東京に行けば障がい者が社長の職場もあり、

バリアフリーで稼ぎやすいです。

ビジネスで最先端の東京は障がい者のための個人事業主が多く、

障がい者を優先的に募集してるとこが多いです。

京都は賃金が安く障がい者に厳しい地域なのでオススメしません。

稼げるよりも精神的にも参ります。

京都では障がい者雇用の仕事も少ないです。

作業所や授産所はたくさんつくられていますが、

残業が多かったり扱いがひどいと聞きます。

辞める人も多く自立して稼いで過ごしたいなら、

関東をオススメします。

06

「お金を稼ぐのは難しい」という思い込み

センスがあって努力をしていても、お金を稼ぐのに四苦八苦している人がいます。一方、何の苦労もなく、楽しそうにイキイキと働いて、お金に恵まれる人もいます。その違いは、お金を遠ざける思い込みがあるかどうかです。なかでも妨害力が大きいのが、「お金を稼ぐのは難しい」です。

この思い込みを抱えていると、難しいことや苦手なことばかりして、お金を手に入れようとしてしまいます。その人にとって、お金とは額に汗して稼ぐものだからです。お金を稼ぐのが難しいと感じている人にとって、簡単に稼いでいる人は、何か良からぬことをしている悪人にも見えます。だから、自分では簡単に稼げないように、無意識に足を引っ張るような行動をしていまいます。

わざわざ難しいビジネスを創ろうとしたり、難しい資格を取らなければと、自分でハードルを上げてしまったりします。そうでないと、お金を稼ぐことに罪悪感を感じてしまうからです。

あなたにはあっさり簡単にできて、他人からは難しいと思われること、心当たりはありませんか。その方がずっと早くて、簡単なのです。たとえば、英会話を習得する、ということを考えてみましょう。

仕事がグローバル化していくので、英語力が必須であります。これはまぎれもない事実でしょう。英語ができたほうが、ビジネスチャンスが増え、情報網も広がります。確かに英会話はできたほうがいいです。ただ、やっぱり語学習得に才がある人と、そうでない人っています。

同じだけ、同じように学んでも、基本的なレベルには到達しても、そこから上に行けるかは意欲だけでなく、才能が必要です。何にだってセンスのあるなしが物をいうのは否めません。あった方がいいけれど、みんながみんな、ビジネスレベルの英会話を身に着ける必要もありません。才能と意欲がある人に間に入ってもらえばいいのです。もしくは、翻訳プログラムの技術が向上して、ジャストタイムで違和感なく、違う言語とビジネス会話ができるのを待ってもいいのです。

つまり、もしも自分に適性がないと気づいたら、いさぎよく手を引いてもいいこともあります。でないと、苦手なことに時間を使って才能を浪費してしまいます。私たちはなぜ、苦手なことに時間を使いたがるのでしょう。

「お金を稼ぐのは難しい」と思っているからです。難しいことをしないと、仕事のような気がせず、お金が稼げないと思い込んでいます。難しいことというのは、あくまでも、「自分にとって難しい」という意味ですけど。本当は「他の人にとって難しい」ことでありさえすれば、今よりもっと楽にお金を引き寄せるようになります。

21

気まま勉強暮らしもあと数か月

長く勤めた会社を辞めて転職することに。

それまでの貯金と失業保険でのんびり勉強しながら転職先を探していたけれど、

そろそろ、やばい。

あと何か月生活できるかが浮き彫りになってきた。

ちょっとだけお手伝い的なバイトをしているので、収入が完全にゼロではないけれど、

そろそろ、友達と遊びに行ってる場合じゃなくなってきた。

といっても、やりたい仕事の為に辞めた前職・・・

また同じように目標とは違う仕事で生活費を稼ぐのはさびしい。

家賃、水道光熱費、携帯、保険。

もう絶対に出ていくお金を計算して、それ以外をお手伝い的なバイトの収入で何とかしようと思っても、あと数か月。

はー・・・

のんびり勉強だけできる日々ってしあわせ。

学生の頃って、そりゃテストは嫌だったけど、環境と金銭的なことはしあわせだったかも。

34

景気が良いのか悪いのか分かりません。

「アベノミクス」は最近どうしたことだろうと考えてしまいます。

景気が良くなったと実感しません。勿論一般のサラリーマンの方々が「景気が良くなって来ましたね~」なんて会話をする事は余りありません。

景気が悪くなって来ると、そのような会話は比較的頻繁にするようです。なぜかと言うと景気が良くなって来ても、末端のサラリーマンまで恩恵が来るのは時間がかかりますが、悪くなって来ると仕事の最前線で働いている方々はいち早く感じるものらしいです。

選挙の時は「アベノミクス」を地方まで浸透させ必ず景気回復を実感させます。なんて盛んに言ってましたが、最近は余りニュースになっていないような気がします。

果たして景気は良くなっているのでしょうか?私の中ではまだ結論が出ません。

12

お金に困った理由は仕事量のため

金欠が酷いと生活が難しいので対策したいです。

その理由は仕事が減って良い活動ができないためです。

以前は色々な仕事をしていたのに急に激減したのです。

お金に困ると第一に日々の支払いの問題が挙げられます。

電気や水道がないと普通にできないので最低限のラインです。

しかしお金がないとそういった危険性が上がるのです。

自分でも何とか生活最低ラインはクリアしたかったです。

仕事が減って収入がないと実際に重い感じなります。

それは精神面の問題なので前向きにはなれます。

重要なのは自分で次のお金の予定を立てることです。

とにかく仕事がやりたくて色々なジャンルも探します。

結果的にそれはお金がないことを今改善するためです。

毎月の支払いでも色々な催促が来るので現状を変えたいです。

38

お金が足りないのはなんらかの理由がある

己は頑張って働いても儲けが上がらなくて、絶えずお金が足りない実態でした。
お金が足りない容態ばかりを口に出して、猛省をしないで生活をしていました。

暮らし簿などに売上を付けないで、他人から言われて勘づくまで無駄なポイントを過ごしていました。
周りというプライスに関して委託をするという、堕落した暮しを指摘してくれました。

周りは必要な人間とお付き合いにおいていて、プライスを上手に活用しながらセレブになっています。
己は人のアドバイスを聞き入れないで、暮しが満足できない容態による負荷を溜めました。

給料が小さいなどのムシャクシャを掲げながら負荷を溜めたアドバンテージ、結局は無駄なポイントを過ごした事を猛省しています。

猛省をするうちに有効なポイントを自宅で仕事をする容態に使って、自然に満足した生活を送れるようになりました。