15

意外と売れる中古品

フリマアプリのおかげで中古が売りやすくなっています。

これまで中古といえば、主に売れるのは家電製品、服、本くらいのもの。

いちいち店頭に持ち込まなければならず、大量に持ち込まないとまとまった金にならず、買取金額が安過ぎました。

もちろん大型のリサイクルショップでなんでも買取、みたいなこともしていましたが、実際はほとんどゴミ扱いされることもしばしば。

やはりモノの価値を知っている人に売りたいところです。

中古の売買では、店を介すとどうしても、「買取金額」と「販売金額」の差で儲けを出すため、買取金額が安い場合が多い。

そうしないと店のほうも儲けが出ませんから、仕組みとしては仕方がない。

しかしフリマアプリの場合、店という仲介者がいないので、「買取金額」=「販売金額」となり、買取金額は高まり、販売金額は安くなりやすい。

つまり売るほうも、買うほうもどちらもトクをしやすい仕組みです。

さらに検索性、利用者の多さにより、価値を知っている人に売りやすいので、知らない人にはゴミで買ってくれなくても、分かっている人が見つけて買ってくれる可能性が高いのです。