29

収入が減る一方です!

子供が保育園を卒園し、小学校に進級したら少しは出費が減るかと思ったのですが、大きく成長した分広い部屋が必要になり、広い部屋のあるマンションに引っ越ししなければならなくなりました。

保育費がなくなった分つまり家賃が高くなりやはり自由に使えるお金は増えず、本当に予定通りには行かないなとつくづく思いました。それに収入も引かれるお金だけがどんどん増え、例えば税金ですが年々増えています。

つまり自由に使えるお金がさらに減ったと言うわけです。よく節約のブログや貯金のブログをみることがありますが、お手本にして同じようにするのは難しく、ストレスをためるだけです。私には真似できないとつくづく感じました。やはり副業をしなければならないかなあと、思います。

02

たった1円でも無駄にできない

お金は1円も無駄にしたくないです。

実際は多くのお金を無駄にしてしまっていると思いますが、気持ちはいつもそうなんですよ。

1円だって大事なお金ですよね・・・なににもしないで1円をくれる人は多くないはずです。

お金に執着する気持ちはありません。

ですが、手元にあるお金はたった1円でも無駄にしないようにしています。

お金に執着してしまうと守銭奴のようになってしまいますからね・・・。

それは必ずその人の顔に出ています。

お金を守ることに一生懸命になるんじゃなくて、お金を無駄遣いしないことが大事です。

汗水流してストレスだらけになって稼いだお金です。

無理をして頑張って稼いだお金だからこそたった1円だって無駄に使えないのです。

72

デリヘル嬢に貢いだ体験談 ~1か月半で300万円~

私は、ひとりのデリヘル嬢にはまり、1か月半で300万円を貢ぎました。

まず、私の財源についてですが、前々職の公務員時代に財形貯蓄で貯めたものです。その後、自動車整備工に転職したのですが、仕事のストレスから風俗依存症になったのです。

その中でももっとも恐ろしいのは、デリヘル(自宅)です。元々風俗は大好きでしたが、デリヘルは未経験でした。しかし、当時離婚したてだったこともあり、デリヘル(自宅)にはハマりました。

デリヘルの恐ろしいところは、店舗型とは違い、いつでも開いていて、延長すればいくらでも遊べるということです。しかも、ひとりの女の子にハマる傾向のある私は、そのデリヘル嬢を週に4回程度5~7時間、同じ女の子を呼び続けました。さらに、現金40万円も貸してしまいました。

そして、気がつけば1か月半で300万円を失っていました。

53

ブライスドールの服にお金を使ってしまった

私の家族が、去年の春から夏にかけて体調をこわして入院してしまったのでした。

その病院がすごくうちから遠くて、3日おきに世話にいっていました。

でも、その生活をしていて、自分にはすごくストレスが多くなってしまったと、

おもってしまっていました。

偶然ネットでブライスドールというのを知って、可愛いとおもってネットで買ってしまったのでした。

クレジットカードで買ったので、あまりお金を使ったという気がしませんでした。

それからは、ブライスドールの服もネットで、ばんばん買うようになっていきました。

この1年でブライスドールの服に、10万円も使ってしまったのでした。

もうこれからは、ブライスドールの服を買うのをやめようと思いました。