01_k2

金を稼ごうとしない人たち

ひきこもり…と呼ばれる人たちがいる。私の周りにも何人かの「ひきこもり」と呼ばれる人たちがいる。彼らの生活の全てを見ているわけではないのでなんとも言えないのかもしれないが、私の知る限り彼らは「お金を稼ぐ」という行為をしていない。

彼らがひきこもるようになったのには色々な理由があるのだと思う。対人関係だったり、病気だったり、普通の人には理解できない理由もきっとそこにはあるのかもしれない。だから一概にひきこもることを責める気はない。

しかし、私の身近にいる数名のひきこもり達は全員、「お金を稼ぐ」という行為を何一つしていないのだ。今の世の中、引きこもっていたってお金を稼ぐ方法はいくらでもある。ネットオークションだっていいし、LINEスタンプを作ってみる方法だってある。株取引だって家から出ることなくできる。でもどういうわけなのか彼らはそれをやろうとしない。

誤解を恐れずにいうなら、それは泥棒や詐欺師より始末が悪い。泥棒や詐欺師はそれなりに必死にお金を稼ごうとしているのだ。ただお金を稼ぐ方法が間違っているだけなのだ。

だからひきこもり達よ、まずは10円でもいいからお金を稼ぐ行為をしてみたらどうか?

okane62

追いかけると逃げていくお金

お金は追いかけると逃げていく習性があるようです。

逆に、遠くでじっと見守っていると、少しずつでも寄ってくるようです。

また、お金は雑に扱うとどんどん逃げていきます。

自分の財布にいくらあって、貯金がどれくらいあって、借金がどれくらいあるのか、つねにきちんと言える人はお金を簡単に浪費しないようです。

お金がいつのまにか出ていく人の特徴は、今自分の財布にいくらあるか、ほとんど分かっていないタイプの人だと言えます。

例えばよく買い物をする人で、買った後現金にしても、クレジット払いにしても、いくら使ったかすぐに忘れる人は、要注意です。

パチンコやギャンブルで使っても、勝ったときはすぐに買い物するとか、負けた金額はすぐに忘れて(忘れたいでしょうけど)すぐにまたパチンコをしてしまうとか、そういう人もお金が逃げていくタイプでしょう。

28

お金の動きがバス回数券にまで及ぶ日

お金は「ごとうび」に動きます。

5日、10日には各種企業決済などがあり、その時に動くということです。

ですから銀行は混み合います。並ばなくてはならないのがこの毎月の節目の日。お金を動かしたい普通の人はこの部分を避けて銀行に行くとよいというのはよく知られた話です。

デビットカードやクレジットカードだけで日常を回している人には銀行は次第に行かなくていい場所になりつつはありますが、普段いかなくなっているだけに、そうした現実の動きを忘れてしまうもの。避けたほうがいい日であることを忘れないでおくほうが時間の節約になります。

お金が動くのを現実に感じることができるのがこの日。店が混みあうだけでなく、特に給料日であることが多い20日、25日は高額のバス回数券まで、羽が生えた様に売れ、運転手さんに聞いてもありませんと言われてしまうことまでも。

こうしたお金の動きを見計らいながら過ごすと何かとスムーズです。

08

給料日までお金がないけど乗り切らないと!

毎月給料日が待ち遠しい?

給料日前になると、どうもお財布が薄っぺらくなっているようで仕方ありません。
しっかり計算して使っているつもりなんだけれど、
結果的には、やっぱりねって。

男性・女性比べてみると、
給料が入ってからの使い方って違っていますよね?

男性の多くは、手元にあるとすぐに使ってしまう。
イコール、あればあるほど無駄に使い混んでしまう傾向がね。

やり繰り上手って言われるのだって、
どっちかといえば、女性が多いでしょう。

お金の使い方、特に決まってはないんだけれど、
それなりにキチンと使っていかないとね。

給料日までお金がなくなってしまった。
かなりのピンチになりますよね?

事前に、そうなった場合を想定して、
食料品とか買い置きしていたりすれば、
どうにか乗り切れるのではないでしょうか?

でもって、買い物には行かない事。

給料日までじっと我慢で耐え抜いて見せようってね。

お金の振り分け。
全部を使い込んでいくのではなく、
細かく計画的に使いましょうね!

okane02

お金がなくて困っています!!

消費者金融以外でどこからお金を貸してもらえるか考えていました。

携帯電話から誰かお金を貸してくれませんか?と検索するとある掲示板が出てきました。

底の掲示板にはたくさんの人たちがいて、今日明日にもお金を貸してくれないか?と言った書き込みがたくさんされていました。

私もそれを見習って書き込みをしてみたのですが、使い方が良く分かりません。

どうやらうまくいくと、個人間でお金のやりとりが出来るみたいで、今日中になんとかできればと思ったのですが、なかなか難しいようです。

掲示板の流れは速いですし、借りたい人ばかりが書き込んでいて貸してくれる人のレスがあまりありません。(これは仕方ないですよね)

中には臓器を売ればいいじゃんとか、角膜を買ってあげるよなんて恐ろしいことを書き込んでいる人も居て、私はこんなところに書き込んでいていいのだろうか・・・と不安になってしまいました。

3時間ほど経っても貸してくれる人は現れず、時間が惜しくなったので恥を忍んで両親に電話することにしました。

たくさん怒られてしまいましたがどうにかお金を工面することが出来て、借金の返済に充てれました。

両親にも馬鹿なことはするなと言われてしまいましたし、どうやらそういう所は住所などを特定されかねないとかで、本当に恐ろしい所だなぁと思いました。

okane78

最近、不安に思う事

70才近くなり最近、少し不安に思っている事。

それは国民年金受給だけに成った時の事。

今は旦那も何とか仕事が出来てるけど。

病気になったり、介護が必要になったりした時、果たして払えるだろうか?

あと6~7年位で国民年金の収入だけになるだろう。

だから今は出来るだけ貯金をするようにしている。

でも思うように貯める事が出来てない。

例えば75才位から国民年金になるとして、死ぬまでにいくら位、必要だろうか?

テレビで(老後資金は此れくらい必要である)って番組をやってるけれど*無理ですから*

皆さん、どんな風にしてるの?

教えてください。

生活を楽しむ事も必要だし。

お金、お金、お金が欲しいよ。

もちろん人生は金だけじゃあ無い事は分かってるけどね。

だけど、やっぱりお金も必要だよね。

okane53

世の中お金か。

最近上司に、「やっぱり世の中お金だよね。」と言われ、ふと考えた。

東京で暮らして早3年、確かにお金はあるに越したことはないが、一番欲しいものかと言われると考え込んでしまう。

もし日々の暮らしにかかるお金がもっと抑えられるのならば、多分そんなにあくせく稼ごうとしないだろうと思ってしまうのだ。

お金はあくまで生活するために必要なもので、さらに東京で生活するとなるとおそらく日本では一番お金がかかる。

住むにも食べるにも、お金無しには始まらないようなところがあるのでつい混乱しがちだが、本当はお金なんてそんなに欲しくはない。

単純に、東京での暮らしを止めてどこか他の地域で暮らしてみれば、お金に対する考え方も少しは変わるだろう。その代わり、今まで考えたこともなかったような問題に直面するだろうし、それがお金の問題と比べてどっちが楽かは、体験してみないと分からない。

まあそんなことを考えて、結局踏ん切りが中々つかず、お金について悩む日々を選んでいる。

59

結婚式貧乏

もうすぐ結婚式を行います。身内しか参加しない結婚式なのですが、結婚式の代金は百万くらいかかっています。最初は半分で抑えようというお話でしたが、私の親がぐちぐち言うてしまい、実際はかなりの金額がかかってしまいました。

その他雑費などもかかるため生活は苦しくなっています。

時々旦那からは攻められる様な事を言われます。正直大分辛いです。母に逆らえなかった私も悪いのですが、凄い口出ししてくるのはうっとうしいです。言うだけ言うて、助けてくれる訳ではないし、今必死で貯めてるけど苦しいですし。

毎日毎日ストレスがかかっている状態なのでしんどいです。早く結婚式終わって楽になりたいです。お金が無さすぎて本当に悲しいです。

okane89

たかがお小遣い、されどお小遣い

日頃から、自分はお金の使い方が下手だなぁと思うことが多々あります。

節約しているつもりなのになぜか貯まらないのは、使い方が間違えているとしか言いようがありませんが、

その原因の一つとして、子供の頃からのお金に対する意識が関係しているのではないかと考えています。

私自身、親からお小遣いを貰ったことがありません。

お菓子やマンガなど欲しいものがあるときは親に言えば買ってくれることが多かったのですが、根の張るおもちゃなどダメなときは「ダメ!」と拒否されました。

当時は別段不満があったわけでもないのですが、周りの子が週単位、月単位でお小遣いを貰っている話を聞くと、(なんでうちは違うんだろう)と思っていました。

もしお小遣いをきちんと貰っていたら、「今回はこれだけの金額を使おう」とか「欲しいものがあるから貯金しよう」とか、失敗も含めてお金の使い方を学んでいくと思うのですが、そういった経験がない私は、いざ大人になってお金を持つようになっても、上手にやりくりできないのです。

親もまさか、間違った教育方法で今も子供に影響を与えているなんて思いもよらないでしょうが、自身の努力でカバーしていくしかありません。

お小遣いって、お金の使い方を学ぶには実は最も有効的、かつ理知的な方法だったんだなぁと日々思います。”

06

お金を嫌いにならないように

お金にすごく苦労するとお金のことを汚いモノだと認識してしまうようですね・・・。

私もそれなりにお金に苦労したことがあったけど、お金のことを汚いモノだとはと思いません。

お金にきれいも汚いもないからです。

お金の使い方にきれい汚いがあってもお金自体は汚くありませんよね。

必要なときに必要なところへお金を使えればそれが1番いい。

ムダなことにお金を使わずに生活できればいいのです。

お金の使い方を間違うとお金を嫌いになりがちです。

でも、お金が循環しているからこの世の中は成り立っています。

お金がなくなったらこの世の中は正常に動きません。

お金を嫌いにならずお金に汚いという感情を持たなくてもいいような生き方をしたいものです。

バイク買取相場