22

自分で買えばいいじゃない!!!!!!

いつの頃の話だったか忘れてしまったのだが、タイムマシーンと言っては時間を遡る子供(スラム街の子供だった!!)が時間を遡った先でお金を盗むために進まず戻っていくのではないか?将来や未来などと言って乗っかろうとしていたが未来がないのはそんな盗難が明るみに出たからという関係のない話だったのではないか!!

そんなことに気づいたある日口げんかのような争いになった。前の日或いは次の日なるものにさかのぼり無断使用するそんな奴なるものに自分で買えばいいじゃない!触らないでよ!!!と言ってしまった。回収と言って(会社というわけではなかった)お金を集められ使われてしまった。

自分で買ったというがどうやって集めたお金なのか今では困るようになった。返してくれなければ死んでしまう!と言って動くのがやはり黒人だッタ。保証書が切れる頃ブランド物を盗まれた。そんな奴の仕業かも。逮捕屋処刑や拷問は効かなかった。何か手はないものだろうか。

okane25

小銭は残りがちですよね

小銭は残りがちですよね。

で、買い物に行ってもレジが混んでると中々、小銭を出せなく、

札で払ってしまいがち。

そんな訳で、小銭には、10円、

1円、5円は、まとめて大きい缶に

いれておき買い物のときに、

まず財布の整理をする。

人それぞれ財布は色々ですが、

長財布で小銭を入れる部分が

二つに別れてる財布は楽です。

小銭いれの片方には5円を1枚、

1円を10枚。片方には10円を10枚入れて買い物に行くと、

小銭は楽に出せます。

ごちゃごちゃ入れちゃうと、

レジが混雑のときは大変です。

後ろのお客さんもイライラしますから、

整理をしてると。5円は一枚とか把握できるんで出しやすいです。

あとはタバコを販売機で買うかたは10円を持ち出して、すべて10円を入れるんじゃなくて10枚くらい(100円)入れればいいと思います。

ジュースも販売機でなら10円をいれて変えます。

タバコ、ジュースもコンビニだと中々10円を出す勇気がありませんからね。

1円5円は使いながら溜まるので、

ある程度、たまれば銀行で

両替もできますよ。

とにかく1円5円は買い物で出すためにも財布の整理です。

もしくわ小銭にいれを別に持つとか、ポケットに小銭をいれて、

すぐ出せるように、枚数を決めて

持ち歩きはかなりいいですよ。

出先で買い物するときも財布を

整理してから買い物する。

これ、いいですよ

33

投資信託を始めて思ったこと

3年ほど前から、投資信託を初めてみました。

何度か購入してみて、思ったのは・・一括して大きな金額を購入するよりも、

毎月5,000円や10,000円ずつ購入する、定時定額購入がリスクが少なく、

やりやすいという事です。

実は私も、最初は一括した金額でお勧めされた銘柄で購入しました。

というのも、銀行さんから「キャンペーン中で、投資信託と同額の定期預金を同時に購入すると、定期預金の金利が上乗せになりますよ!」というのです。そこで、日本の不動産に投資する銘柄のものを勧められて購入したのでした。しかし、その銘柄の基準価格はどんどん値を下げる一方で、結局損をしてしまいました。

一方、定時定額購入ですと、毎月の基準価格で購入したことになるので、リスクが減ります。

そして、もうひとつは、分配金受け取り方式ではなく、再投資方式にすることです!

私が最初に購入したものは、分配金受け取り方式でしたので、毎月通帳に一定額入り、良さそうに見えますが、結局、運用が悪い時は、元本を削って分配金を出している状況になります。ですので、解約する時に元本割れしていてガッカリする可能性もあります。再投資方式ですと、分配金が元本に繰り入れられて、複利方式でどんどんたまって運用していくので、そちらの方が最終的な金額は多くなります。

定時定額で、再投資方式!これが、私の見つけた、リスクが少なく初心者でもやりやすい投資信託のやり方です。