16

病気は恐ろしい。

数年前まではいくらかの貯金があり、お金にはゆとりがある生活を送っていました。

しかし一昨年、家族が重篤な病気にかかり、その看病をする為、自分がそれまで勤めていた会社を退職することになりました。

結構な治療費がかかりましたが、収入もなく、元々あった貯蓄を崩していくしかない状況でした。

家族の体調が何とか落ち着いた頃には、治療費、生活費などで貯蓄は底を尽きてしまっていました。

すぐに新しい就職先(決して良い条件ではなかったのですが給料だけはある程度良かった)を見つけて働き始めたのですが、一度無くなった貯金が簡単に戻るはずもなく、それからは毎月ギリギリの生活を強いられています。

家族も病気になりたくてなったわけではないので、責めることもできません。

病気は恐ろしいです。

病そのものが恐ろしいのはもちろんですが、一度病気になると、とんでもなくお金がかかることがとても恐ろしいです。

病気は誰でも、しかも突然なる可能性があるので、常に頭に置いておかなければならない事を思い知りました。

19

お金についての悩みです。

主人のお母さんが脳梗塞で倒れてしまった為私たちが病院の入院費やリハビリ代などを払っています。病院はつくづく高いなと常日頃から思っています。私は主人のお母さんと折り合いが悪く嫁姑問題で以前から悩んでいました。

年金は2ヶ月に1回出ています。年金が出ない時は私たちが補填しないといけませんので大変な金額です。私には家族がいますので今まさに大変な苦労が来てしまったなと思っています。でもお母さんは日に日に回復していますので体も早いかと思われます。

お母さんは私たちに迷惑をかけられないと思い一生懸命リハビリをしています。その努力が実って退院が近いのだと思います。一寸先は何があるか分かりませんので保険に入ったりして今後に備えていくのが1番良いと思います。

16

学費がかさんで金欠に

子供の学費がかさんで、いつも金欠状態です。

自分の就職の時が超氷河期だったのですが、そこからずっと景気があまりよくないのでバブルのような時代を味わったことがありません。

子供には自由に生きてほしくてそれなりに教育費をかけているので常に金欠です。

高校も無償化とは言われていましたが、全然そんなことは無くて結構教材費がかかりました。

又、塾も行かないと絶対大学には入れない時代なので塾代もかかりましたし、受験料もかなり高かったです。

大学受験は1校あたり30000円位かかるのですが、たくさん受けるのであっという間に何十万も飛びました。

卒業までは学費で極貧状態が続きそうですが、死ぬまで続くわけではないので頑張りたいです。