15

不景気の中、子どもの大学資金ってどうやって捻出するの?

子供が小さい時はお金の貯め時だと良く聞きますが子どもにかかるお金はどんどん増え続けていきこのお給料が全く上がらず税金だけが上がっていく状況で皆さんどうやって子供を大学まで行かせる教育資金を貯めているのか本当に気になります。

塾に習い事、住宅ローンや車のローン、高額な税金の支払いをしながらも子どもが大学生になるまでに大学の入学人学費が準備できる方法が今は全く分からず奨学金で入学してもらうようになってしまうのかとすら思ってしまっています。

もう少しでも景気が良くなりお給料が上がれば生活環境も変わるのかもしれませんが今の状態では生活に精一杯すぎてどう考えても子供が大学に入学するまでに数百万円なんて貯めることができずあと数年あることなのにすでにお金をためておいてあげられる自信がなく途方に暮れています。

05

100円記事で一日3000円の収入が

この頃思うのですが、記事募集サイトでもとても簡単に書ける記事が少なくなったような気がしています。自分がこの仕事をはじめたときには、1記事400文字で100円の収入がはいっていたのです。

それでも誰でも書けるようなブログ記事や日記記事などです。誰でも書けるのでサイトの記事募集を見ることはとても楽しみでした。今考えてみると一日のうちに100円の記事が30記事書けると外へパートの仕事に行ったときと同じような報酬くらいはなります。時代のせいでしょうか、募集を見てみると日記募集などはほとんどないといってもいいくらいです。

ブログ記事などはほとんど日記でできているようなものなのにどうしてなのか私にはわかりません。日常の記事が書きやすいし、どうしたらよいのかと思案中です。

005-81

節約について

給料日前になると金欠になって困ったとゆう事はないでしょうか?そうなる前に、ひごろから買い物に行った時には、「これは本当に今いるものなのか?家に同じものは無いだろうか?もっと安く買えないか?と一度考えてみるといいと思います。

本当にいる以外に欲しい物を買う時に、今あるもので事が足りないか?また、満足出来ないかと考えることで買う事を抑えることが出来ると思います。そうしていても、不意の事故などで思わぬ出費が出てしまいます。そうならない為に、日頃から対策を取っておく事も大事だと思います。

もしもの事故のためにも給料日前にはお金を貯めておく習慣を作った方がいいと思います。そうしているうちにいつのまにか大金が貯まっていたなんて日が来たらいいですね。また家を建てるなどの大きな目標を立てるとそのために節約を頑張れると思います。

12

お金持ちは宝くじを買わないと言われているけど

よくネットで「お金持ち 特徴」と検索したら、お金持ちの人は宝くじを買わない、

ギャンブルはやらない、と書いてあることが多いです。

この前庶民の私は商店街で宝くじを買ってしまいました。

そして見事外れました。

数百円程度のものなので大きなロスではありませんでしたが、

やはり宝くじに外れたときには毎回「勿体ないことをしたな」と思うものですね。

でもその「わくわく代」だと思えばそこまで損した気分にならなくて済むのではないかと思います。

一種の一時的なサービスを購入した、そう思えば良いのではないかと思います。

宝くじ自体に費やすお金が何千円や何万円になってしまった時点では、

出費を考え直す必要がありそうですね。

その何千円もそういったものに使わないで自分の勉強や身体への投資などに使う方がよっぽど長期的にお金が溜まるわけですから。

22

お金がないこと

恥ずかしながら、今月は手元に残っているお金がありません。

9月は結構出費が多かったからです。

敬老の日や弟の奥さんへの誕生日プレゼント、友人との久しぶりの再会に必要なカフェ代などです。

全て楽しく、幸せな出来事にお金を使えたのでよかったですが、なぜかいつも手元にはお金が残りません。

生活していくって大変だなと思います。

仕事をしてお給料を受け取るだけではなく、飲み会や付き合いなどで必要となるお金もあります。

そんなときのために全部使い切っていけないなとは思っています。

私は、一人カフェも好きなので、自分のために使えるお金も少しは残しておけるようにしていきたいです。

明日からも仕事頑張りたいです。

家族や自分自身や周りの人々が少しでも幸せになれるように、お金を使っていきたいです。

15

お子様へのお小遣い

お子様へのお小遣い、どうされていますか?定額制でしょうか?

子供も留学生になると、お友達と遊びに行くのにお金が必要になる

ことがあるようなので、我が家では定額制にプラスしてお金が必要な

時に行うゲーム大会!を開催しています。

内容は単純で、カードやPCゲームなどで反射神経で戦うものではないものを使って、子供と

対戦。子供が勝てばそのままお小遣い、負けた場合は家の手伝い

(皿洗い、風呂洗い、etc.)でお小遣いを渡すようにしています。

子供にとってはゲームで勝てれば手伝い不要だし、我々親からすると

子供とのコミュニケーション+負けたら家の手伝いというルールを

守らせることができるということで、今のところこの方法で楽しんで

います。本当はいつも手伝いしてくれればいいんですけどね。。