okane02

ギリギリ間に合った給食費

我が家の息子が小学二年生となり、そろそろ学校の給食費の引き落とし口座に振り込んであったお金がなくなるのではないかと気付きました。

入金したのは一年生の初めの頃で、これで一年は持つたろうからと夫が言ってたのを思い出したんです。

それで不安になり焦ってとりあえず、その口座にお金をいくらか振り込んでもらう事にしました。

もしも引き落としできなければ小学校の方から請求が来て息子に申し訳ない事になります。

月曜になり、通帳記入しに行ってみたらギリギリセーフ、もしも振り込んでなかったらあと数日で引き落としがされるのにお金が足りないという状況になる所でした。

こうした子供関係のお金の事で支払いが遅れたりするのってかなり落ち込むんです。

絶対にそんな事ないように気をつけようと思った日でした。

16

欲しいものがあるときは副業をしています。

ポイントカードを駆使したり、無駄のない生活を送ろうとしているのに、生活費でギリギリとなってしまい、好きなことも趣味も満足に行えなくてとても不満です。
ストレスを抱えながら仕事をして、家事をこなしているのに好きなことも満足に出来なくて、何の為に働いているのか分かりません。

楽しみがあってこそ仕事も頑張れるのに、目標もなくただひたすら働いている毎日です。
私は固定給の為、残業をしても残業代は出ません。
基本的に残業のない会社なので良いのですが、毎月決まったお給料しか出ませんが人を相手にする仕事なので意地悪な人もいて毎日クタクタになって帰って来ます。

それでも毎月決まった給与しかもらえないので、欲しいものがあるときは副業で稼ぐしかありません。
彼氏と旅行の計画があるので、まとまったお金を用意するために帰宅してから副業を行っています。

63

病院代がかさむこと

私には持病があって、月に一度は病院に通わなくてはなりません。
月一度で約5千円かかります。
これは、診察代や薬代、電車賃を入れた金額です。

先日、健康診断を受けたのですが、血糖値が高く、注意するようにと言われてしまいました。
現在は、食事に気を付けながら運動も少ししています。

1ヵ月後にまた採血に行かなければなりません。
病院代が結構かさんでしまっています。

しかし健康でいることは大切なことだと思うので、出費はありますがきちんと病院に行って治療していきたいと思います。
今まで健康診断で引っかかったことがなかったので、ショックでしたが、生活の見直しを考えていこうと思います。

明日からも大変ですが、病院代と生活費頑張って稼ぎます。

04

節約生活

私は現在無職でお金がありません。
生活費などは両親が出してくれますが、自分の好きなようには使えません。欲しいものはいっぱいありますが我慢して節約してなんとか…というところです。

そんな私でも何かお金を生み出すことはできないかと内職をしたり、ネットでクラウドソーシングのサイトでお仕事をしたりして少しでも生活の足しになればと思って毎日ネットとにらめっこしています。笑

それでも、月数千円〜ほどしかたまりませんが外で働いていない私には暇つぶしにもなるのでちょうどいいのかもしれません。

周囲の人は外で仕事をしているので貯めたお金で旅行や遊んだりしていてとても羨ましく思います。でも、現状を受け入れて少しでも社会の役に立てればと思い内職をしています。

24

これは偏見ではありません。

まず皆さんに伝えたい事として、これは偏見を持って記事にはしていません。しかし、傾向として知的障害のある人たちの多くが金銭感覚がおかしいという事実をもとにして話させて頂きます。

私の彼女は知的障害です。しかもかなりのものです。前記した通り、「お金はあれば使う義務があるんだ」というような全く勘違いぶりも甚だしい生活を送っています。だからこそ最低限のお金以外は僕と彼女の親御さんが管理しています。

でもこうでもしない限り、浪費癖は治らないんです。まず第一歩として「1円でもいい。貯金箱にお金を毎日貯める事」と「小銭を貯めずに大きな額になったらそれと両替し、財布を価値は大きく、重さは最小限にという事」を徹底させる事から始めました。何とかなって欲しいと思う今日この頃です。