46

新婚旅行にかかった費用

先日、ようやく新婚旅行へ旅立ちました。

場所は北海道!

新婚旅行だからと言って、ホテルを豪華にということもしたかったのですが、時期的にどこも埋まっていてビジネスホテルしか取れませんでした。

自分たちですべて予定も組み立てて、行った新婚旅行。

結局どのくらい費用がかかったのかというと、おそらく30万くらいです。

宿泊費と往復の飛行機チケット、レンタカーや電車代もすべて合わせての金額です。

ちなみに日程は1週間です。

正直思っていたよりも安かったなという印象です。

行く前から30万くらいと想定していたのですが、実際旅をしていて、どこへ行ってもおいしいもの、魅力的なものが多くて、結構散財してしまったなという思いがあるからです。

家族や親類へのお土産なども大量に購入し、送料も結構かかりました。

箱も購入したので、地味にお金かかっています(笑)

かなり購入したし、いっぱい楽しんだので、それなりに想定よりもオーバーしているだろうと思っていました。

それが想定内の費用で済んで安心しました。

ただ、これから毎日節約の日々です。

食費など抑えられる部分は抑えられるように努力していきたいです!

06

リボ払いの甘い罠

以前、リボ払いでキャッシングをしたことがありました。初めてのリボ払いだったのですが、月々の返済額が一定(1万円)で、負担感が少ないというイメージしかありませんでした。

ところが、実際に支払いが始まってから、これはまずいかもと思うことになるのでした。

キャッシングした額が大きかったのも悪かったのかもしれません。キャッシングした額は20万円、それを月々1万円のリボ払いで返済するということにしたのですが、毎月郵送されてくる支払い明細書を見て愕然としてしまったのです。

払っても払っても残高がなかなか減らないのです。減らないどころか、利息が高くてびっくりするような残高となっているのです。これはまずいと正直思いました。結局半年後、ボーナスが出たときすべてを一括で返済することにしました。

12

NISAと積立NISAの違い

これまで銀行預金していたお金を少しでも増やそうと、投資を始めようとしているという話が周りでよくあります。NISAと積立NISAは、どちらも少額で投資を始めようとする人にとって税金面でありがたい制度なのですがどのように違うのでしょうか?

まずNISAは対象が株やREIT、ETFなど幅広いことが特徴です。年間投資額も120万円までと小額投資を想定している人にとっては十分な額です。ただし非課税期間が短めに設定されているので長期投資には向いていません。積極的に売買する人向けだといえます。

対して積立NISAは対象が一部の投資信託、ETFに限られること、年間投資金額が40万円までである点においてはNISAに劣っていますが、非課税期間がNISAのそれの4倍あるために長期の運用に向いています。理論上、投資信託は長期投資で投資対象としての真価を発揮できます。そのため短期的な利益が目的ではない場合はこちらの方が向いています。

以上が両者の違いです。両方を同時に使う事ができませんので自分に合った方を選ぶことが投資の第一歩と言えるでしょう。

005-19

お金を稼ぐことや出費に関して

お金を稼ぐことにおいてまず大事になってくると言えるのが労働時間でしょう。むしろ労働時間が少なくて給料が低いというのは当たり前であり、食っていくことができるのであればそれでよいと考える人も少なからずいるのが現実です。

家でできる副業などもありますし、そうした面で足りない部分の収入を補うということも今は簡単にできる可能性があります。お金がないというのは二つの意味があり、稼ぎが低いということと出費が多いということがあります。

どんな出費かにもよりますが意外と引き締めることができることもありますので検討してみると良いでしょう。稼ぐことはできなくても大抵の人は切り詰めることは意外とできることが多いからです。

61

時短のための道具を買うために、さらに働かなければならない

世の中はいろいろなものが溢れていて、便利な商品が次々と生まれています。

その中には時短に役立つ商品も多くあります。

しかし、それを購入するにはそれ相当のお金が必要です。

また、それを維持していく費用もかかります。

時間を有効活用するのは良いことだと思いますが、そのためにかなりの出費がかさんでしまうのは本末転倒になりかねないと思います。

便利な商品を揃えるために、その分のお金を稼がなければなりません。

便利な商品が揃って、時間にゆとりができると思っていても、結局はまた別のことに時間を取られてしまっています。

其の一つは働きすぎによる疲労回復の時間かもしれません。

お金のために働いても、それらが悪循環を起こしていかないように気をつけなければならないと思います。