06

「お金を稼ぐのは難しい」という思い込み

センスがあって努力をしていても、お金を稼ぐのに四苦八苦している人がいます。一方、何の苦労もなく、楽しそうにイキイキと働いて、お金に恵まれる人もいます。その違いは、お金を遠ざける思い込みがあるかどうかです。なかでも妨害力が大きいのが、「お金を稼ぐのは難しい」です。

この思い込みを抱えていると、難しいことや苦手なことばかりして、お金を手に入れようとしてしまいます。その人にとって、お金とは額に汗して稼ぐものだからです。お金を稼ぐのが難しいと感じている人にとって、簡単に稼いでいる人は、何か良からぬことをしている悪人にも見えます。だから、自分では簡単に稼げないように、無意識に足を引っ張るような行動をしていまいます。

わざわざ難しいビジネスを創ろうとしたり、難しい資格を取らなければと、自分でハードルを上げてしまったりします。そうでないと、お金を稼ぐことに罪悪感を感じてしまうからです。

あなたにはあっさり簡単にできて、他人からは難しいと思われること、心当たりはありませんか。その方がずっと早くて、簡単なのです。たとえば、英会話を習得する、ということを考えてみましょう。

仕事がグローバル化していくので、英語力が必須であります。これはまぎれもない事実でしょう。英語ができたほうが、ビジネスチャンスが増え、情報網も広がります。確かに英会話はできたほうがいいです。ただ、やっぱり語学習得に才がある人と、そうでない人っています。

同じだけ、同じように学んでも、基本的なレベルには到達しても、そこから上に行けるかは意欲だけでなく、才能が必要です。何にだってセンスのあるなしが物をいうのは否めません。あった方がいいけれど、みんながみんな、ビジネスレベルの英会話を身に着ける必要もありません。才能と意欲がある人に間に入ってもらえばいいのです。もしくは、翻訳プログラムの技術が向上して、ジャストタイムで違和感なく、違う言語とビジネス会話ができるのを待ってもいいのです。

つまり、もしも自分に適性がないと気づいたら、いさぎよく手を引いてもいいこともあります。でないと、苦手なことに時間を使って才能を浪費してしまいます。私たちはなぜ、苦手なことに時間を使いたがるのでしょう。

「お金を稼ぐのは難しい」と思っているからです。難しいことをしないと、仕事のような気がせず、お金が稼げないと思い込んでいます。難しいことというのは、あくまでも、「自分にとって難しい」という意味ですけど。本当は「他の人にとって難しい」ことでありさえすれば、今よりもっと楽にお金を引き寄せるようになります。

17

お金がないことについて

私にはあまりお金がありません。

貯金したいと思うのですが、生活費やローンの返済でいっぱいいっぱいです。

生活はあまり贅沢せず、質素な暮らしです。

将来のために貯金をしたいです。

将来何が起こるかわからないので、念には念をと思っています。

もう少し稼ぎたいと思うのですが、体力的にキツイのとワーカホリックにはなりたくないという思いがあります。

人生のすべてを仕事に捧げる生活が自分にとって良いとも思えません。

それなりに楽しみながら暮らしていきたいです。

そして楽しみがあるからこそ仕事も頑張れるのではないかと思います。

今後はさらに節約に努めて少しずつ貯金できるようにしていきたいです。

そして人生を楽しみながら仕事も頑張りたいと思います。

24

お金がやたらと必要な社会に嫌気がします

今は豊かで快適な生活が送れるようになりましたが、それは全てお金の力と言えます。

お金がなければ、人間らしい生活すら送れません。

所が昔は、お金などなくても、人間らしい生活を送る事が出来ていました。

何故現代がこうもお金が必要になったのかと言えば、それはモノが溢れる様になったからです。

昔はモノが少なかったので、それを買うお金が必要ありませんでした。

モノがないだけに、不便を感じる事も良くありました。

しかし昔は不便が当たり前であり、不便だとしても不快に思う事は少なかったと言えます。

今は家電や車などを揃えなければ、満足に生活が送れなくなっています。

だからこそ、大量にお金が必要なのです。

私はこんな現代のお金を大量に消費しなければならない社会に、嫌気がさして来ています。

21

気まま勉強暮らしもあと数か月

長く勤めた会社を辞めて転職することに。

それまでの貯金と失業保険でのんびり勉強しながら転職先を探していたけれど、

そろそろ、やばい。

あと何か月生活できるかが浮き彫りになってきた。

ちょっとだけお手伝い的なバイトをしているので、収入が完全にゼロではないけれど、

そろそろ、友達と遊びに行ってる場合じゃなくなってきた。

といっても、やりたい仕事の為に辞めた前職・・・

また同じように目標とは違う仕事で生活費を稼ぐのはさびしい。

家賃、水道光熱費、携帯、保険。

もう絶対に出ていくお金を計算して、それ以外をお手伝い的なバイトの収入で何とかしようと思っても、あと数か月。

はー・・・

のんびり勉強だけできる日々ってしあわせ。

学生の頃って、そりゃテストは嫌だったけど、環境と金銭的なことはしあわせだったかも。

47

自分の医療費の節約

一人暮らしの時に、自分にかかる医療費がもったいなくて病院に行くのを諦めた事が何度もありました。

それは親が養ってくれていた頃にはなかった事で、ああこれまでずっと私は親に守られていたんだなあと、お金をかけてもらっていたんだなと改めて感謝しました。

しかし、社会人ともなればもう親にお金の事で頼るのは嫌でした。

医療費って思いの外高いんで、自分のお給料からも出せなくはないけど出したくなかったんです。

だから、ちょっとしたものならひたすら我慢してました。

市販薬だって買いたくありませんでした。

でもそれは若いからできた我慢による医療費の節約でした。

もう30過ぎると、なかなか風邪も我慢してても良くなりません。

余計にこじらせて長引かせて、食事も買ってくるしかなくなったり、結局病院に行く事になったりして医療費がかさみます。

そうなるよりは、早めに対処できるように風邪薬やスポーツドリンクを常備して、調子が悪かったら早めに薬飲んで水分摂ってとにかく寝て治します。

風邪薬が高いとは言っても、トータルで見たら飲んでさっさと治したほうが安上がりなんです。

医療費の節約のためにも普段から元気でいられるように食事に気を付けるようにもしています。

下手な我慢による医療費の節約は卒業ですね。