12

お金に困った理由は仕事量のため

金欠が酷いと生活が難しいので対策したいです。

その理由は仕事が減って良い活動ができないためです。

以前は色々な仕事をしていたのに急に激減したのです。

お金に困ると第一に日々の支払いの問題が挙げられます。

電気や水道がないと普通にできないので最低限のラインです。

しかしお金がないとそういった危険性が上がるのです。

自分でも何とか生活最低ラインはクリアしたかったです。

仕事が減って収入がないと実際に重い感じなります。

それは精神面の問題なので前向きにはなれます。

重要なのは自分で次のお金の予定を立てることです。

とにかく仕事がやりたくて色々なジャンルも探します。

結果的にそれはお金がないことを今改善するためです。

毎月の支払いでも色々な催促が来るので現状を変えたいです。

19

10年のブランク

厳し~い( ;∀;)

子供たちも小学生になったから、

住宅ローンや習い事の支払いもあるし、家計の足しになるお金を稼ぎたくて社会復帰した。

月に13万を稼ぐことを目標に、まずは9時-17時のフルタイムで働いてみたよ。

10年も専業主婦として家の中で大きな顔をしてきた私。

お金のためとはいえ、こんなにも人に頭を下げ、人に仕事を教えて頂く。

すぐに王様の椅子から引きずり下されたよ(-_-;)

社会では、いつの間にかできない子になっていたよ~!

とりあえず1ヵ月、勤めあげました(笑)

初給料は忘れられない、ありがたい感覚。

毎月、私たちのためにお給料を持ってきてくれるパパ♡これからは優しくしますね。

そして、私のお金稼ぎの旅はまだまだ続く…。

34

坊やの学費を貯める入り用を強く感じています

最近は奨学利益を利用してカレッジに入る個々が増えていると聞きます。

奨学利益は消費しなくて良い人は早く、歴史後の消費に追われる個々が
多いと聞けば訊くほど幼児に借入を背負わせてはいけないと
父母としてきつく感じます。

私は私立のカレッジに通わせてもらい全体学資を父母が払ってくれました。
一人暮しもしていたので私の学資といった生活費は
ハイスクール、カレッジ現代で3千万ほどかかったと後から聞きました。

3千万は行かなくとも我が家から伺うもそれなりの価格が要るからと
18年齢までに五百万円貯めようとしていらっしゃる。

ひと月に2万5千円ほど貯めれば宜しい算段ですがテレビを見ていたら
医大は1年の学資が私大の回数ダブルはしていたので、まったく何に恋い焦がれるか

決まっていない幼児のいつかを考え将来のレンジを父母が狭めてしまわないように
できるだけ数多く貯めておきたいなと著しく感じています。

24

子供って、かかるのね~

否~子どもって労力というお金がハンパない!
こどもが本年中学校に入学したんですが、誰の方なのか、誰に迫るのか、教育が贔屓だったんです。
三年生の時に受けた無料のテストが予想以上の成約で、両親もビックリするほどだったのです。確かに、鼻高々だったかも知れません。

ただし、こどもから『セミナーに行かせてほしい』といういわれ承知したのが極めつけでした。
近所に思ったセミナーが無く、地下鉄で向かうことになりました。
まったく4年生は甘いもので、油断してました。

5年生になると、学業総数が極端に増えました。伺う度数も目立ち、毎月の月謝もうなぎ登り。
また、それに和をかけて驚いたのは、夏休み。学業が、断じて日々有り、弁当携帯で長時間。
ニーズ金額に視線が飛び出るそば。

乳幼児には、すべての学業はとらなく。いいと暖かい言い回しで言っておきながら、できるだけ安くなればと願って止まないのでした。
ただし、子どもは『気にしないでいいよ。安全やによるべく学業受けてみる。有難う』ですって、僕って資金の心配もしてたのに、自分の心配してくれて有難うなんて…仕方が有りません。奮発始めるしかない。

6年生なんて、想像を絶する急がしさ。いつものレクチャーではないレクチャーまで地下鉄で行かねばなりません。但し、長い学業迄、待ってる訳に行かず。行き帰りセミナーの送迎は地下鉄で行ったり来たり。当然、大人の地下鉄金はハンパではございません。

観光に出向ける程の地下鉄金がセミナー金とは別にニーズが…もはや、こうなれば、心がひどいのか、元からなのか何でもバンバン使っちゃうんです。最後の手法は、授業料も激しいし、記述も次から次へと販売されて、取れるはずも乏しい件数を特に購入してました。

そんな中、受験が近づいて来ました。県内外部受験(試合前のお企て受験)に訪れ、本命も含め6校。受験チャージの払込み、書留速達での送料。受験票返信用の切手も書留速達位。受験には両親も伴う結果、足代。昼間まで実験なら帰りに外食。またまた、通過宣伝に足代が。

通過で喜びの中、入学金銭といった授業料を、一気に振り込みしなくては。確かに第はじめ希望に入学して喜んであるこどもの衣装に、驚愕ですが。終わってみれば、思いの外金銭考えが麻痺してたと思います。これで終わりと思いきや、私学なので、遠路の通学定期金。グループのフェスティバルやら、帰り食べて帰るやら、どんだけ金銭食い虫やねん!

まだ、次女が、いまセミナーに行きたいと言っておんなじセミナーに。当然、地下鉄に乗って。いつまで貫くのか、それとも我が家の破綻が直後なのか。

50

業務お忙しいのに残業ダメ令

うちの業者のお金は、基本給がかなり低いので残業でついにカバーしてきたのです。それが目下、組合内においてダメ残業お天道様をはじめ、残業をしないという使命が著しく出てます。

次いで商売が少ないのならいいですが、商売は多忙で、残業できない代わりに昼食タイミングを燃やす方を作るしかないです。

これまで以上に忙しくなるばかりで、手取りが少なくなる処置で生活費を切り詰めています。どこも人件費は削り取りたいですから、無理な状態で商売をこなしてると後になり売れ行きにも影響するのは目線に思えてるのです。

それでいて、次々お金が下がっていくわけですから、やってられないだ。所得が三分の二に減ったので、今後の対処として保険の修正を検討してます。