24

お金がない

私はいつの頃からか、お金がなくてもお金がないとは言わないことにしていました。理由は簡単です。お金がないというと、心も寂しくなるような気がするし、他の人に言ったところでどうにもならないし、何よりお金が寄ってこないのでは、と考えていたからです。

実際そうやってお金がないと言ってこなかったおかげか、今までピンチの時には実家の母がお祝いで多目にくれたりと何とかなっていました。ところが最近、急な出費が立て続けに起きてしまい、貯金の残高がいよいよやばい状態になってきました。食費を切り詰めるしかないかと思い頑張っていますが、それにも限界が。

でもこんな状態でもお金がないとは言いたくないし、と思っていたところ、旦那から吉報がメールで届いたのです。旦那の会社、一昨年からボーナスが3回になったのですが、昨年は業績が悪くなしだったのが、今年は春のボーナスが出たらしいんです。

やっぱり、お金がないと言わなかったから、今回もお金が寄って来たのかも~と勝手に思い、これからもお金がなくても、ないとは言わないでおこうと思ったのでした。

10

車の維持費にお金が掛かる

現在、軽自動車と普通車の2台を所有しています。

地方に住んでいるので、公共交通はあるにはあるけれど

不便で普段の買い物にも支障をきたすので

一人1台は、大抵どの家庭も所有しています。

車は生活に欠かせないもので、手放すということは考えられないのですが

車に掛かる費用は、かなりのものです。

まずは、税金。

軽が7,200円、普通車の方が34,500円。

自動車保険が、2台で6万円。

これだけではなく、2年に1度の車検。

先月、軽の車検だったのですが

軽でも7万円かかり、痛い出費となりました。

それに、ガソリン代。

月に1度程度、ガソリンスタンドに洗車にいくので

その費用や、タイヤ、バッテリー等々

考えると本当に、恐ろしくなります。

あ~、どうにかならないものだろうか…

ならないだろうな。

23

財貨は肝要

アベノミクスも普通縁までは届かず、円安になってインセンティブ自体は良かったけれど、月々の所得はいまひとつ上がらず物価だけが上がっていく。
結婚するまではよく気にしていなかったけれど、結婚して幼児が生まれて、思いのほか生活費がかかっていることに気付かされました。

多少なりとも原資に余裕が出来るように、支払減の為に既存費の軽減を筆頭に何かと戦略をしましたがどれもイマイチ。
さすが自分の道楽に取り扱う界隈が多いようです。

クルマやバイクにかかわる事が数多く、その部分の経費がかなりのウエイトを占めているので、将来この部分を涙を飲んで改善していこうと思います。

幼児の位から「無駄遣いせず思う存分貯金して置きなさい」と言いきかされていましたが、普通身についておらず、今原資の大切さが上半身ブローのように効いてますが、幼児の為そろそろ頑張っていきます。

38

お金が足りないのはなんらかの理由がある

己は頑張って働いても儲けが上がらなくて、絶えずお金が足りない実態でした。
お金が足りない容態ばかりを口に出して、猛省をしないで生活をしていました。

暮らし簿などに売上を付けないで、他人から言われて勘づくまで無駄なポイントを過ごしていました。
周りというプライスに関して委託をするという、堕落した暮しを指摘してくれました。

周りは必要な人間とお付き合いにおいていて、プライスを上手に活用しながらセレブになっています。
己は人のアドバイスを聞き入れないで、暮しが満足できない容態による負荷を溜めました。

給料が小さいなどのムシャクシャを掲げながら負荷を溜めたアドバンテージ、結局は無駄なポイントを過ごした事を猛省しています。

猛省をするうちに有効なポイントを自宅で仕事をする容態に使って、自然に満足した生活を送れるようになりました。

16

女性が稼がないといけないのかな~

最近、お見合いミーティングとかに出かけることが多いんですけど、そうなると男性はある程度コミッションがあるんですね。
ただ、前もって年収的ことをいうと少ないので、遊んでいる夫だと女の間隔まで見られないって人も多いだ。

少しありえないよなぁって思ってしまう。
というか、下手をすると女の給与を対象にしていらっしゃる人物もいてひいちゃいます。
少なくとも女性は養育とかも留まるわけだし、そういったことを理解している男性がいいなって思うんですよね。

給与にはこだわらないといっても、自宅とか取り除けるから女を飼うつもりである男性が望ましいなって分かってきました。
婚活とか心がける結果自分の元本印象とかも通じるんだなぁってものすごく勉強になっています。